Enjoy 宴会!

予約時に確認しておく事

予約をするための段取り

予約をするための段取り 宴会場を借りる時の料金はピンからキリまでありますので、すべてをひとくくりにして料金がどのくらいか把握するのは困難です。
そのため宴会場の種類に応じた料金相場を知り、自分の目的や宴会の参加者の性質を考慮して予約するのがいいです。
宴会場の料金相場の中で最も高級なのは、ホテルや料亭で宴会を行う場合です。
宴会を行う部屋の広さや収容人数によって価格に違いがあり、だいたい1時間で1万円程度の料金がかかり、終日であれば10万円から30万円程度の料金がかかるところもあります。
そういった会場は大企業の忘年会や業界の著名人が集まる宴会などで使用されることが多いです。
宴会場の料金相場が安いところとしてはレストランがあり、貸切にするのに料金が特別に不要なところも多いですが、場所によってはもしキャンセルとなったりお店をひどく汚された場合には追加料金が発生したり、事前に補償料金を支払わなければならないところもありますが、それでも終日使用して数万円という場合が多いですから、ホテルに比べると非常にリーズナブルとなります。

宴会場を予約するための上手な段取り方法

宴会場を予約するための上手な段取り方法 社会に出て最初の難関が宴会の幹事といわれるほど、上手に幹事を務めることは難しくなっています。
というのは幹事は限られた時間の中で全体の日程を調整しつつ、いい宴会場を探して予算内に収める必要があるためです。
いざ幹事をするときに失敗しないように上手な段取りをつける方法を知っておきましょう。
まず何よりも最初に行うことは日程の調整です。
日程が判明しないと宴会場を予約することもできませんから、すぐに日程を決めなければなりません。
その際は参加者全員にメールや口頭でアンケートに答えてもらい、日程を絞っていきましょう。
その際アンケートで宴会候補の日程から選んでもらうようにすることで、意見をまとめやすくなります。
そして日程が決まったらすぐに予約を入れられるように、アンケート結果が返ってくるまでの間に手ごろなお店をピックアップしておく必要があります。
そして日程が決まり次第すぐに予約して、とにかくお店を確保しておくことが重要です。
予約さえ済ませれば少し余裕ができますので、あとは宴会に必要なものをしっかりと考えて準備していくだけとなります。